自転車に乗る人は

説明資料

近年、自転車に乗っていた人が加害者となる事故について、多額の賠償金の支払いが迫られるケースが増えてきています。自転車の事故でも被害者が死亡する場合はありえます。当然、賠償金も大きくなる可能性があります。 そういったことに備えて自転車保険に加入するという対処方法があります。自転車保険は大きく分けると二種類あり、自転車屋さんが修理をしてくれる時に加入を持ちかけられることが多い簡易型の自転車保険と、損害保険会社等が提供している賠償責任保険です。 簡易型の自転車保険は、一度少額の保険料を払うとある程度の保障が得られますが、大きな損害賠償には耐えられません。そういった場合は損害保険会社等が提供している自転車事故も補償対象に含まれる賠償責任保険に加入することを検討しましょう。

自転車を運転中に事故を起こし、相手に怪我をさせてしまった場合は、治療費だけでなく、多額の賠償金を請求されることもあります。自転車事故を起こした子どもの母親が莫大な賠償金を請求された例もあり、最近は自転車保険への関心が高まっています。 自転車を運転する時は交通ルールやマナーを守って運転することが一番重要ですが、万が一のトラブルのために、自転車保険には入っておいた方が安心です。 自転車保険はそれほど高額の保険料がかかるわけではありませんが、自動車保険や医療保険など、他の保険に自転車保険と同じ内容の特約が付けられる場合もあります。個別の自転車保険に入るよりもこのような特約を付けた方が保険料が安く済む場合も多いので、すでに入っている保険にこのような特約があるかどうか、確認してみるといいでしょう。